Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EX

A&D GX-Z7100EX

投稿日:

A&D製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。

3か月ほど前から、リッドが勝手に開くという不具合が発生し、使用ができない状況ということです。

電源を入れると、5秒間ほどモーター音が鳴り、その後停止します。リッドは開きませんでしたが、使用できないことに変わりありません。

カバーを開けます。ケーブルをつなぎ直した形跡や、基板の固定ビスの締め忘れがあります。過去にコントロール基板の交換が行われたようです。

カムモーターも代替品に交換されています。

プーリーを指で回してトレイを開き、リッドを取り外します。

メカを降ろして分解を進めます。

カセットホルダーを分解します。

ホルダー内蔵の樹脂製バネが変形しています。

脱着して加熱整形します。

ヘッド周りの可動パーツを分解します。固まりかけているグリスは拭き取って再グリスします。

ピンチローラーを交換します。

リールとアイドラーを取り外します。

アイドラーゴムを交換します。

ゴムリングが接する面がヤスリ?で荒らされています。おそらくスリップを回避するために処置されたものと思われます。

左側リールはバックテンション用のブレーキパッドが接しますので、この状況では回転ムラが発生する恐れがあります。手持ちのスペア品(写真左)と交換します。

ブレーキパッドを張り替えます。

モーター基板を取り外します。

質の悪いベルト(手前側)が用いられていましたので交換します。

モードベルトは極細のベルト2本掛けでした。先ほどのヤスリ掛けもそうですが、以前も同じ処置を見たことがありますので、同じ方が修理されたのでしょうか?

新しいベルトに交換します。

オートセレクタ用のスイッチ接点を磨きます。

元通りに組み立てます。

本体に戻して動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーション後に録再バランス調整を行います。

録再テストを行います。

リッドの裏側の突起部が削られています。開閉に不具合があって処置されたのでしょうか?今となっては知る由もありません。

以上修理完了です。

 

-GX-Z7100EX
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 電源をONにするとトレイが勝手に開き、それ以降は操作不可となります。 カバーを開けて点検します。分解の形跡があります。 メカを取り出し …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。症状は「電源を入れるとカセットホルダーが飛び出し、何も操作を受け付けない状態」ということです。 電源を入れると「ガー」という異音とともに …

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 走行不良があり、注油したところ完全に動作不可となったということです。 電源を入れると勝手にトレイが開きます。 メカを取り出します。 カ …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 新品購入後、一度もメンテナンスを受けていないということで、次第にメカの動きが重くなり、遂に不動となったということです。 電源を入れると …

検索

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM