Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

ヘッドクリーナー S-721H

投稿日:

テープメディアを使用するカセットデッキはシリコンオーディオと異なり、ユーザーにより定期的なメンテナンスが必要になります。

具体的にはヘッドとピンチローラーのクリーニング(ここでは消磁の説明は割愛します)ということになります。

そのうち、ヘッドは汚れを落とすだけになりますので、無水アルコールで十分ですが、ピンチローラーとなると、そうはいきません。

というのは、製造後20年以上経過したピンチローラーは、硬化などの劣化が進み、表面がツルツルになってスリップしやすい状態となっていて、汚れを落とすだけではなく、ゴム質自体の状態を良好に保つ必要があるからです。

この写真をご覧ください。SONYのデッキの左右ピンチローラーですが、右側は清掃前でテカりが出ています。一方、左側はメンテナンス後でテカりが解消されています。

この違いは、写真に写っているいる専用クリーナーでふき取りを行ったことによります。ピンチローラーの研磨はしていません。

ここから宣伝になりますが、この「アメリカンレコーダーテクノロジーズ ヘッドクリーナー S-721H」は、レコーディングスタジオでの使用を前提に開発されたもので、汚れの除去はもちろん、ゴムに浸透し状態を良好に維持することができます。

数年前までは大手家電販売店でも取り扱っていましたが、現在は入手が困難な状況となっております。

当店では独自のルートにより海外から直輸入し販売サイトで販売を行っていますので、少し高価にはなりますが、週に1度程度の使用で数年間は使用できると思いますので、これからもテープデッキをお使いの方にはオススメの商品です。

-ワンポイントメモ
-, , ,

執筆者:

関連記事

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法

SONYのESG以降のカセットデッキは、左側ピンチローラーの汚れや劣化によるテープ走行の乱れが問題となることが少なくありません。 具体的な現象としては、テープを再生していると、突然「ミリミリ」という音 …

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。 この写真 …

グリップとスリップ

カセットデッキにおいて、テープを巻き取るリールを回転させるメカニズムは、SONYのTC-K555ESLなどに多く採用されているギヤ式のアイドラーと、 A&DのGX-Z9000、9100に採用さ …

SONY製カセットデッキのトレイリッド(蓋)が開かないときの対処法

カセットデッキの修理をしていてよく見かけるのは、トレイが破損していてリッドがピッタリ取り付けられないということです。電動トレイの機種でトレイが開かなくなったときに、閉じ込められたテープを力任せに救出し …

メタルテープとテープセレクター

今日はメタルテープとテープセレクターについてお話しします。 カセットテープの種類は、初めは「ノーマル」のみでしたが、音楽用として高音質が求められるようになって、「クロム」「フェリクロム」と新たな素材が …

検索

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM