Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

決して回さないでください。

投稿日:

カセットデッキは「メカ」と「電気回路」を組み合わせた電気製品なのは言うまでもありませんが、ほとんどの機種において、そのいずれも「調整」することが可能なように作られています。

なぜかというと、経年変化や振動等により、製造時と比べて物理的な歪みやズレ、電気的性質が次第に異なってくるため、それを補正するためにそういった調整機能が備わっているのです。

ところが、十分な機材や情報が無い状況でそれをやろうとして、致命的な結果をもたらすことがあります。

例えば、ヘッドについては、調整ネジにより上下や前後、傾きなど立体的に動かすことが可能ですが、一旦元の位置から変更してしまうと、元に戻すことは非常に困難となります。特に、調整箇所は、機種により異なりますので、サービスマニュアルが無い状態で闇雲に調整することはおやめください。

また、基板上のツマミについても同様です。再生レベルやテープ速度程度のものであれば、簡単に調整できますが、バイアス関連は、計測器が無いと調整できません。

「試しに」と思って興味本位で調整箇所に触れた結果、ご自分では元に戻すことができなくなり、結果として高額の調整費用を請求されることになりますので決して回さないでください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ヘッドクリーナー S-721H

テープメディアを使用するカセットデッキはシリコンオーディオと異なり、ユーザーにより定期的なメンテナンスが必要になります。 具体的にはヘッドとピンチローラーのクリーニング(ここでは消磁の説明は割愛します …

キャプスタンのワッシャー(GX機他)

今日はGX-93やGX-Z9100などデュアルキャプスタンモデルの整備の話です。 分解するとキャプスタンの背部には回転を安定させるための巨大なフライホイールが取り付けられています。右側の磁石が取り付け …

消磁

オープンリールやカセットデッキ全盛期には常識でしたが、ユーザーが定期的に行うデッキのメンテナンスとして、「ヘッドとピンチローラーのクリーニング」と「ヘッドの消磁」があります。 前者については以前記事に …

SONY製カセットデッキのトレイリッド(蓋)が開かないときの対処法

カセットデッキの修理をしていてよく見かけるのは、トレイが破損していてリッドがピッタリ取り付けられないということです。電動トレイの機種でトレイが開かなくなったときに、閉じ込められたテープを力任せに救出し …

ゴムベルトの話

カセットデッキの最大の弱点は「ゴムベルト」です。私の知る限りゴムベルトを使用していないデッキはほとんどありません。 皆さんご存じのとおりゴムは劣化して性質が変化します。そしてこの変化もゴムの種類によっ …

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM