Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

ベルト交換時の注意点(SONY製ES、AKAI製GX)

投稿日:

当店では、ご自分でデッキの修理をされる方のために、SONYのESデッキ(ESG以降)と、A&D(AKAI)のGX機(GX-93、73、GXZ-9100、7100等)用のベルトセットをオークションで販売していますが、先月末から、このベルトセットをお買い上げになる方が増えています。

外出自粛中の大型連休を利用して、不動になった愛機を修理しようといういうのがその理由かと思いますが、修理にあたっては、いくつか気を付けなければならないポイントがありますのでご留意ください。

1 SONY製ESデッキ

通常の交換方法では、ピンチローラーアームを脱着しなければなりませんが、組み立て時には、調整式となっている左側は、原則、元の位置と同じ位置に調整する必要があります。ただし、取り付け部のシャフトが緩んで抜け出していることもありますので、その場合はシャフトの修理と、ピンチローラーアームを正規の位置に調整しなければなりませんのでご注意ください。

特に、SONYのESデッキは、ピンチローラーの状態に敏感です。左側ピンチローラーが調整不良の場合や劣化している場合は、テープ走行時に「クシャクシャ」という音と共にテープに斜めに傷が付くことがあります。

なお、ピンチローラーアームを脱着しないで交換する方法もあるようですが、グリスがベルトに付着しやすいことや、プーリーの清掃が困難などの理由から、当店では推奨しません。

組み立て時には、カムとマイクロスイッチ、ロータリーエンコーダーとの位置関係を合わせる必要がありますので、分解時に確認しながら作業を行ってください。

2 AKAI(A&D)製GXデッキ

上記SONY機と異なり、ベルト交換自体は、それほど難しくはありませんが、一度もメンテナンスを受けていない機体ではピンチローラーアーム支点部のグリスが硬化し固着していることがほとんどです。この場合は、ピンチローラーやヘッド周りを分解し、グリスを置換しなければならないので、SONYと同じようにピンチローラーの調整が必要になります。

 

以上ですが、余計な箇所を分解して元に戻らないなんてことが無いよう、かならずデジカメに記録しながら行うことが大切です。また、事故防止のため、必ず電源コンセントは抜いてから作業してください。

 

 

-日記
-,

執筆者:

関連記事

金と黒のビス

修理を行っているときに、ふと不思議に思うことがあります。 これはDTC-55ESのメカを固定しているビスの写真です。写真の上部に黒いビス、下部に金色のビスが取り付けられています。ほぼ100%この仕様に …

当店に対する業務妨害への対応(続き3:犯人の特定)

これまで記事にしてきました「当店のネットショップにおける偽名による架空発注」「誹謗中傷ブログ」などの悪質な嫌がらせや営業妨害行為について調査を進めてきましたが、記録されたIPアドレスから行為者を特定し …

SONY CDP-302ES ベルト交換

先日のTC-K777ESに引き続き、今日も私の所有するデッキのメンテナンスです。 CDプレイヤーになりますが、SONYのCDP-302ESです。10年ほど前にカセットデッキをオークションで落札したとき …

年末年始の営業について

2018年も残り僅かとなりましたが、この一年、多くの方に修理依頼をいただき、あるいは当ブログにご訪問をいただいたことに感謝申し上げます。 当店の年末年始の営業につきましては、修理の受け付け、機器販売及 …

愛車トラブル

今日はオーディオとはまったく無関係な車のトラブルの話です。 私の仕事場は自宅を兼ねていて、そのため私が自動車を運転するのは週に1回程度なんですが、そういった状況にも関わらず、もう30年近く乗り続けてい …

検索

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM