Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

中古機器の価格高騰が修理費用に及ぼす影響

投稿日:

ここ数年、オーディオブームが最高潮であった1970年代から2000年頃までに発売された機器の高騰が続いています。

例を挙げると、GX-Z9000のジャンク機のオークションでの落札額は、5年ほど前では5000円程度であったものが、現在では20000円を下回ることはほとんどありません。その傾向は、特に高級機において顕著で、SONYのTC-KA7ESやAIWAのXK-S9000、Nakamichiなどの高級機では、ジャンクにも関わらず新品時と同程度の価格、場合によってはそれ以上の価格で取り引きされているものも見受けられます。

その理由としては、アナログオーディオ人気の再燃ということもありますが、全体的なタマ数の減少や、中国などの海外の富裕層への流出ということが挙げられるかと思います。

一方で、こういった中古市場の高騰の影響で、当店での修理費用についても大きな影響を受けるケースが最近増えつつあります。

具体的には、修理に部品交換が必要となったものの、部品単体での入手が不可なため、同機種のジャンク機から移植するしか方法が無いといったケースです。

以前は、ジャンク機は安価で入手できましたので、それほど修理費に影響はありませんでしたが、前述のとおり、現在では結構な額となってしまいます。当店では、そういった場合は、できる限り追加の工賃を低額に抑えるなどによりお客様のご負担を減らすような配慮はしていますが、元々の見積額が20000円であったものが、いざ修理が始まってみるとジャンク機入手のための費用がプラスされて倍増の40000円となってしまっては、お客さまもあまり気持ちよくは思わないでしょう。

中古機器の高騰は、今後も当面続くと思われますので、無い知恵を絞って、パーツ流用の調査研究など、できる限り修理費用を安価に抑えるような工夫をしていかなければならないと思う今日この頃です。

 

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

ありません・・・その2

以前DTC-A8の修理を行ったときのことです。 メカを取り出して、中を覗き込んでみると、 ・・・ありません。 デッキの内部を探してみると、ありました。ピンチローラーです。 これが正しい状態です。ピンチ …

GX-Z9100 メーター故障?

今日はA&DのGX-Z9100の修理を行いました。当店のリフレッシュメニューに加え、左右ピンチローラー交換を終え、いざ試運転です。 テープ走行OK、音出しもOKですが、メーターがまったく振れま …

他店で修理を行った方へ

当店では、このブログのお問い合わせ欄または直接Eメールによりさまざまなお問い合わせをいただいております。数ある修理店の中から当店にお声掛けいただいたことに改めてお礼申し上げます。 そのお問い合わせの中 …

SONY AKAI(A&D) リフレッシュメニュー

オーディオ機器のうち、メカニカルなユニットが大半を占めるカセットデッキでは、使用の有無に関わらず、ベルトなどのゴム製品の劣化やグリスの硬化による動作不良を起こします。また、機種ごとにほぼ特定の箇所に不 …

修理?メンテナンス?オーバーホール?

機器を整備する際に、「修理」「メンテナンス」「オーバーホール」といった表現が一般的に使用されます。普段は何気なく意識もせずに使っていますが、当店では、基本的に以下のように使い分けていますのでご参考とし …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM