Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

中古機器の価格高騰が修理費用に及ぼす影響

投稿日:

ここ数年、オーディオブームが最高潮であった1970年代から2000年頃までに発売された機器の高騰が続いています。

例を挙げると、GX-Z9000のジャンク機のオークションでの落札額は、5年ほど前では5000円程度であったものが、現在では20000円を下回ることはほとんどありません。その傾向は、特に高級機において顕著で、SONYのTC-KA7ESやAIWAのXK-S9000、Nakamichiなどの高級機では、ジャンクにも関わらず新品時と同程度の価格、場合によってはそれ以上の価格で取り引きされているものも見受けられます。

その理由としては、アナログオーディオ人気の再燃ということもありますが、全体的なタマ数の減少や、中国などの海外の富裕層への流出ということが挙げられるかと思います。

一方で、こういった中古市場の高騰の影響で、当店での修理費用についても大きな影響を受けるケースが最近増えつつあります。

具体的には、修理に部品交換が必要となったものの、部品単体での入手が不可なため、同機種のジャンク機から移植するしか方法が無いといったケースです。

以前は、ジャンク機は安価で入手できましたので、それほど修理費に影響はありませんでしたが、前述のとおり、現在では結構な額となってしまいます。当店では、そういった場合は、できる限り追加の工賃を低額に抑えるなどによりお客様のご負担を減らすような配慮はしていますが、元々の見積額が20000円であったものが、いざ修理が始まってみるとジャンク機入手のための費用がプラスされて倍増の40000円となってしまっては、お客さまもあまり気持ちよくは思わないでしょう。

中古機器の高騰は、今後も当面続くと思われますので、無い知恵を絞って、パーツ流用の調査研究など、できる限り修理費用を安価に抑えるような工夫をしていかなければならないと思う今日この頃です。

 

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

狂気の沙汰

オークションでジャンクDTC-A7を落札しました。比較的安価でしたので、ヘッドなどのパーツ取りに活用しようかと思いましたが、仕事柄それもピンとこなかったので、腕試しということでまずは修理にチャレンジす …

DTC-55ES 一旦返品、その原因は?

数日前に当店で販売したDTC-55ESが返品となりました。 ちょうどひと月前にも修理後に納品したDTC-55ESが不調ということで一旦返品を受けましたが、そのときは輸送中の振動等が原因でした。 購入さ …

今日の出来事(タイヤのパンク)

ゴールデンウイークも後半に突入しましたが、筆者は仕事に忙殺され、今日も作業台に向かっています。 本題に入ります。昨日のことです。息子が道東に遊びに行くと言って、午前中に自分の愛車で出かけました。 その …

ゴムベルト

ゴムベルトを注文しました。 国内の工場にサイズとゴム種別を指定して500ケ発注しました。 A&D(AKAI)のGX機用キャプスタンベルトです。幅は異なりますが、SONYのTC-K(ES)シリー …

GX-Z9100 サイドウッド用ワッシャー製作

A&DのGX機のうち、GX-Z9100(EX)、GX-Z7100LTDには木製のサイドウッドが標準装備されています。 これら機種でよく見かけるのは、サイドウッド固定用ボルト部のワッシャーの割れ …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM