Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-8000S

TEAC V-8000S

投稿日:

TEACのV-8000Sの修理を行いました。

V-7000にドルビーSを搭載するとともに、電源部の強化が図られています。

故障の状況ですが、再生するとテープがクシャクシャになるということです。

カバーを開けました。裏側に鉄板が張り付けてありますので、これだけでもかなりの重量です。

メカの後ろの基板はドルビーS専用です。

メカのカバーを取り外します。単に載せてあるだけではありませんので、取付時は注意が必要です。

ヘッドのコネクタを切り離すためにドルビー基板を取り外します。

メカを取り出しました。

メカの下部に切れたベルトが付着していました。

ハウジング内の化粧プレートを取り外します。

新しいベルトを取り付けます。このベルトが劣化するとバックテンションが弱くなりテープ走行が不安定になります。

カムモーターユニットを取り外します。

カムギヤを取り外します。リーフスイッチの接点を清掃します。

モーター内部接点の改善を図るため、無負荷状態で半日程度空転させます。

アイドラーギヤを取り外し、リールモーターも同様に空転させます。

背面の基板を取り外し、フライホイールを抜き取ります。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置します。

劣化しているベルトを交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います(クオーツロック仕様のため調整不可です)。

ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで聴感テストを行い、修理完了です。

-V-8000S
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM