Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K777ES

SONY TC-K777ES

投稿日:2024年2月6日 更新日:

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K777ESです。

動作品としてオークションで入手したものの、不具合が見られたということです。

リッドが開きません。テープ走行はできますが、異音が発生していますので、アイドラーゴムが劣化しています。

機器底部のヘッドカバーを取り外します。

取付ビス2本は長さが異なりますので、間違うとメカと干渉し不具合が発生します。

ピンチローラーアームを引っ張ります。固着していたのはアームではなく、ヘッドブロックでした。

トレイが開きました。

カバーとフロントパネルを取り外します。

メカを取り出しました。

背面から分解していきます。

このリールユニットを取り外します。

ユニットを固定していたビスが固く、何度も諦めそうになりましたが、なんとかなりました。

取り外しました。

再生用のアイドラーを脱着してシリコンゴム製のリングと交換します。

リールユニットを分解し、早送り巻き戻し用のゴムリングを交換します。

組み立てる途中で、なぜかパーツが脱落しました。

ここの鉄板に接着固定されていたクラッチのパーツです。

強力な接着剤で再固定します。

新しいリールベルト、キャプスタンベルトを掛けて組み立てます。

カセットホルダーを取り外します。

このローラーに塗られたグリスが固まっていたことが不具合の原因ですので、清掃し、再グリスします。

ヘッドブロックがストレスなく動くようになりました。

メカを元に戻して動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度が許容範囲内に収まっていることを確認します。

再生ヘッドのアジマスの調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

キャリブレーションの動作状況の確認、録再バランスの調整を行い、修理完了です。

 

 

-TC-K777ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K777ES

以前一度、お取り引きいただいたお客様からのご依頼です。 10年ほど前に中古動作品として購入されたというTC-K777ESですが、 再生はOKであるものの、早送り後に巻き戻しするとすぐに停止してしまうと …

SONY TC-K777ES

今年に入ってから、同じお客様のカセットデッキ3台目のご依頼です。 SONYの名機、TC-K777ESです。 4点ほど不具合があるということです。まずは再生中に「ガー」という異音が常時発生します。また、 …

SONY TC-K777ES

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K777ESの修理依頼をいただきました。 つい先日入手されたということですが、何点か不具合を抱えています。 ハウジングランプが切れています。 …

SONY TC-K777ES

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K777ESの修理依頼をいただきました。 最近、入手された故障品ということです。 早送り巻き戻しは可、再生はヘッドが上がらず不可です。 ブラ …

SONY TC-K777ES アイドラーゴム交換

今回は私が所有するデッキのメンテナンスを行いました。 SONYのTC-K777ESです。10年ほど前に不動品を中古購入し修理したデッキで、一応動作はするものの、もう3年ほど前から、再生時の異音が気にな …

検索

2024年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM