Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DD-VR77

Victor DD-VR77

投稿日:

Victor製オートリバースカセットデッキ、DD-VR77の修理依頼をいただきました。

かなり長い間、物置に保管されていたということです。

カセットをセットしたところ、テープを巻き込んでしまったということです。ゆっくりと引き上げると、運よくスルスルとテープを取り出すことができました。

動作確認を行います。ボタンに反応はありますが、リールが回転しません。

カバーと底板を取り外し、メカを固定している計5本のビスを緩めます。

同じ形状のコネクタが複数使用されていますので、予めマーキングしておきます。間違えると即死ということもありえます。

メカを降ろしました。

硬化したアイドラーゴムを交換します。

上から見たところです。リールベルトがダブル掛けになっていますが、スリップ気味です。

ベルト交換に支障となるパーツを分解します。

ピンセット等を用いて隙間からベルトを交換します。径21mm*1mmです。

ピンチローラーとヘッドを清掃します。

一旦メカを組み付けて動作確認を行います。テープ走行は可能になりました。

テープポジション表示に不具合が見られます。「NORMAL」と「METAL」が両方点灯しています。

オートセレクタ用のスイッチ接点を磨きます。

治りました。

RECVOLのガリ解消のため、接点復活剤を処置します。

現状、動作に問題はありませんが、キャプスタンベルトを交換します。ビクター製のデッキのキャプスタンベルトは、劣化すると表面がスベスベになってスリップします。径73-75mmです。

STOPボタンを押すと早送りになることがあります。接触不良が原因です。強めに何度が押すことによりかなり改善されましたが、80%というところです。

フロントパネルを少し引き出して、スイッチに接点復活剤を処置します。これでほぼ100%解消されました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度を合わせます。

ヘッドアジマス(往復)の調整を行います。

録再バランス調整を行います。

録音やリバース動作などの状況を確認し、修理完了です。

 

 

-DD-VR77
-,

執筆者:

関連記事

Victor DD-VR77 テープの巻き込み

少し前に当店で整備したDD-VR77ですが、突然不動になったとのご連絡をいただきました。 早速機器をお送りいただきました。 操作ボタンを押すと、メカは反応しますが、テープ走行しません。 イジェクトしよ …

Victor DD-VR77

Victorのオートリバースカセットデッキ、DD-VR77の修理依頼をいただきました。 少し前まで正常に動作していたものの、テープ走行できなくなったということです。 リバース動作やキャプスタンの回転に …

Victor DD-VR77

これまで2回お取り引きいただいた方から、新たなご依頼をいただきました。 Victorのオートリバースデッキ、DD-VR77です。古いミュージックテープを再生後に突然、音が籠ったということです。事前のや …

検索

2024年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM