Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

他店で修理を行った方へ

投稿日:2018年11月6日 更新日:

当店では、このブログのお問い合わせ欄または直接Eメールによりさまざまなお問い合わせをいただいております。数ある修理店の中から当店にお声掛けいただいたことに改めてお礼申し上げます。

そのお問い合わせの中で圧倒的に多いのが「修理の見積り依頼」ですが、稀に「他店で修理したが不調」というご相談を受けることがあります。当店では、こういった場合で修理間もないケースでは、「おそらく○○が原因と思われますが、まずは修理した店とお話しください」とアドバイスします。

なぜなら、経験豊かな修理店も常に100%完璧な修理ができるかというと、決してそうではありません。人間がやることですのでミスもあるでしょう。また、意思の疎通が不十分で顧客の要望がうまく伝わらずに修理不良となっているかもしれませんし、それ以外にも輸送中の振動によるトラブルや使用上の問題(古いテープの使用など)ということも考えられるからです。

匿名でブログを開設している業者はわかりませんが、少なくても屋号や住所氏名を掲げて修理業を営んでいる以上、修理の対価を支払った顧客にはそれに見合うサービスを提供していることは間違いないでしょう。

他店で修理したものを当店で再修理することはもちろん可能ですが、ひととおり点検は行わなければならないので、二度手間となりお金の無駄になりますし、なにより、古い機器を良好な状態に維持していくためには、修理店との信頼関係の構築が必要と考えています。

ですから、修理から戻ってきたデッキが不調の時は、まずは率直にそのことを修理店に伝えることが最善の策だと当店では考えています。

相手が専門家だからと言って遠慮することはありません。自分が納得するまでお話してくださいね。

 

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

「使用前に必ずお読みください」

デッキを納品した後に発生する初期不良のほとんどが「古いテープの使用」によることは以前も記事にしましたが、依然としてその対応に追われることも少なくありません。そこで、機器を納品する際に、以下文面を記した …

バイアス調整

アナログテープデッキでは、テープごとの特性に合わせたバイアス調整を行うことにより、そのテープの性能を最大限に引き出すことができます。 カセットデッキのバイアスの調整に関しては、発売当初はユーザーによる …

切られたスプリング(TC-K222ESA)

今日はSONYのカセットデッキ、TC-K222ESAの修理を行いましたが、そこで怪奇現象に遭遇しました。 メカの側面、トレイが閉じるのをアシストするスプリングが切れていました。 スプリングでも劣化して …

先入観で迷走(GX-Z9000)

今日はGX-Z9000の修理を行いました。当店の最も得意とするデッキのひとつです。 いつもどおりメカの修理を終えて、テープ走行と音出しの確認です。 しかし、L chの音が出ません。 LINE INに音 …

消去不良

A&DのGX-Z7000の修理を終え、テープ走行系の調整後に録再調整を行ったときのことです。 録音モニターで聞こえてくるのは、現在録音している音楽と、おそらく元々録音されていた音楽がミックスさ …

検索

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM