Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ ワンポイントメモ

バランスVOLのセンター位置について

投稿日:

カセットデッキとDATデッキには、録音時の左右バランス調整を行うための「REC BALANCE」ツマミが備えられています。

普段はほとんどセンターのまま使用することはないでしょうが、約半数の機器で、センターの位置が狂っています。

具体的には、INPUTに左右同レベルの信号を入力しても、写真の位置のように、すこしツマミを動かしてやらないとバランスが取れないという状態です。

この症状の原因は、パーツの劣化です。VOLそのものの場合もありますし、抵抗やトランジスタなど、回路を構成している部品が経年劣化により性能の変化が起こり発生します。

基板上には、これを補正するための調整VOLは付いていませんので、普通は、上記のような状態で使い続けることになりますが、どうしてもツマミがセンターにないと気になるという方は、

写真はGX-93ですが、INPUT回路上の固定抵抗を可変抵抗に置換することにより解消できますので、ご参考としてください。

-ワンポイントメモ, ワンポイントメモ
-, ,

執筆者:

関連記事

ヘッドイレーサー

3ヘッドのカセットデッキを使用される方の必需品として、「ヘッドイレーサー」があります。ヘッドはテープに記録を行うために磁気を発生しますので、ヘッドを構成している金属自体が次第に磁気を帯びてしまいます。 …

SONY製DATの傾斜ブロック

DATデッキは、テープをセットすると、カセットハーフからテープが引き出されて回転ヘッドに接するという仕組みとなっています。ヘッドが動いてテープに接するカセットデッキとはまったく異なり、ビデオデッキに近 …

電解コンデンサーの液漏れ

今日はSONYのTC-K555ESGの整備を行いましたが、このモデルは他モデルよりも整備に手間が掛かります。 それは、オーディオ基板上の電解コンデンサーの交換です。計20個以上使用されています。 取り …

ロータリーエンコーダー

SONYのDATデッキの修理を行う上で避けられない故障の一つにロータリーエンコーダーのギア割れがあります。 機種名でいうと、DTC-1000ES,500ES,300ES,M100、55ESに採用されて …

キャプスタンのワッシャー(GX機他)

今日はGX-93やGX-Z9100などデュアルキャプスタンモデルの整備の話です。 分解するとキャプスタンの背部には回転を安定させるための巨大なフライホイールが取り付けられています。右側の磁石が取り付け …

検索

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM