Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A8

SONY DTC-A8

投稿日:

SONY製DATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。

テープを噛むということです。

動作テスト用のテープをセットしました。音は出ますが、全般にノイズが載っています。

カバーを開けました。

メカを観察します。左側のテープガイドが、所定の位置の手前で停止しています。それでテープパス(ヘッドとテープの接触状態)が狂いノイズが発生したものと思われます。

メカを降ろします。

メカを裏返して基板を取り外します。

リールユニットとキャプスタンモーターを取り外しました。グリス硬化により可動部が固着しています。

ギヤ類も取り外します。

塗られていたグリスをCRCで溶かして除去清掃し、注油します。

ベルトが硬化変形していますので、新しいベルトに交換します。

リールユニットを分解します。

ブレーキパッドの状態、及び効きを点検します。

カセットホルダーを取り外します。

純正のヘッドクリーナーは、スポンジ部の変質によりヘッドを痛めますので撤去します。

案の定、長期間にわたりスポンジと接触していたドラム表面の一部が浸食されていましたので、ザラつきが無くなるまで研磨します。

ゴムが硬化しているピンチローラーを交換します。

白色のパーツはカセットの検出スイッチです。接触不良が起きやすいので、接点復活剤を処置します。

メカを本体に戻して動作確認を行います。

ヘッドホンVOLにガリが見られますので、VOL背面の隙間から接点復活剤を処置します。

モード別、入出力別の録再状況を確認し、修理完了です。

-DTC-A8
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-A8

SONY製DATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 不具合の状況ですが、リッドが開かなくなったということです。 イジェクトボタンを押しましたが無反応です。 機器を傾けたときに、内部から「 …

SONY DTC-A8

SONY製DATデッキ、DTC-A8です。 故障の具体的な症状は、再生時のノイズです。 テープの再生を開始しましたが音が出ません。また、トレイ開閉時やローディング時に発生する、グリス切れによる異音が気 …

SONY DTC-A8

SONYのDATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 5・6年前は正常に稼働していたものの、久しぶりに使用したところ、テープを読み込まない状態になっていたとのことです。 動作確認時は、テー …

SONY DTC-A8

SONYの業務仕様のDATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 「CAUTION]表示が出て再生できないということでしたが、 当店で動作確認したときは、一応再生可でしたが、おそらくベルト劣 …

SONY DTC-A8

SONYのDATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 当分使用しない間にトレイが開かなくなったということです。 しかし、動作確認時では、最初は開きませんでしたが、何度かトライしているうちに …

検索

2023年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM