Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

修理の3パターン

投稿日:2018年11月10日 更新日:

「修理(整備)」と言っても、その内容と費用はピンからキリまでありますが、敢えていくつかに分類しなければならないとすると、大きく3つに分けられると思います。

まず一つ目①は、「故障個所のみの修理」、いわゆる事後保全です。

これは、故障の原因となった箇所のみの修理になりますが、わかりやすい事例を挙げると、「劣化したゴムベルトの交換」です。これでとりあえず故障前の状態に戻り動作することでしょう。

ただし、ほかの箇所も経年劣化が進行していますので、修理後まもなく不具合が発生する可能性がありますし、その場合はかえって修理費用が嵩みます。一方、費用が安価というメリットを有しています。

二つ目②は、「故障個所の修理」+「故障しやすい箇所の修理」です。デッキに限らず、故障が起きる箇所というのは、機種ごとに異なりますが90%以上同じ場所です。

故障が起きた部分を修理するついでに、予防保全策としてそのウィークポイントにも併せて対策を行うことにより、費用の節減と長寿命化を図ります。

そして三つ目③は、「故障個所の修理」+「故障しやすい箇所の修理」+「比較的劣化しやすいパーツの交換」で、オーバーホールに近い修理となります。メリットは前者よりも長寿命化が図れるということですが、デメリットは費用が嵩む割に効果が極めて少ないこと、つまりコストパフォーマンスが悪いことです。なお、劣化しやすいパーツというのは、スィッチ、VOL、電解コンデンサーが主となりますが、例えば電解コンデンサーは意外と寿命が長いのでわざわざ新品に交換によるメリットはかなり少ないものです。

当店では、お客様からの要望が無い限り、基本的には最もコストパフォーマンスの良好な②をお勧めしています。費用は機種によって異なりますが、15000円~30000円と設定していますので、修理をお考えの方はご参考としてください。

どうしても徹底的に手を入れたいという場合は無理には止めませんが、不要なメンテナンスに高いお金を払う必要はありませんよ!

 

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

ありません・・・その2

以前DTC-A8の修理を行ったときのことです。 メカを取り出して、中を覗き込んでみると、 ・・・ありません。 デッキの内部を探してみると、ありました。ピンチローラーです。 これが正しい状態です。ピンチ …

先入観で迷走(GX-Z9000)

今日はGX-Z9000の修理を行いました。当店の最も得意とするデッキのひとつです。 いつもどおりメカの修理を終えて、テープ走行と音出しの確認です。 しかし、L chの音が出ません。 LINE INに音 …

電源コード

DATデッキの修理を終え、筐体を閉じる前の最終点検でふと目に留まるものがありました。 写真は撮り忘れましたが、電源コードに灰色のビニールテープが巻いてありました。嫌な予感がしてそのビニールテープを外し …

アンプは怖い(PMA-780D)

最近、自分のオーディオシステムで気になることがあったのですが、なかなか時間が無くて放置していました。 30年前に購入したDENONのプリメインアンプ、PMA-780Dです。症状は、右CHの音が出ないこ …

TC-R6メンテナンス

今日は朝から愛機TC-R6のメンテナンスを行いました。 古い機器ですので、録再バランスやテープスピードの点検調整は定期的に行う必要があるのですが、以前から気になっていたRECインジケーターの接触不良の …

検索

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM