Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-1000

YAMAHA KX-1000

投稿日:

少し前に、1年ぶりに取り扱ったYAMAHAの3ヘッドカセットデッキKX-1000ですが、今度は別のお客様から修理依頼をいただきました。

ジャンク機をオークションで購入されたということですが、なかなか外装良好の綺麗な機体です。しかし、動作確認を行ったところ、電源をONにすると、結構大きな音が響きます。おそらくベルトが溶けてモーターが空転しているものと思われます。

また、フロントパネルのスライドVOLですが、上まで移動させても重力で勝手に下がってしまいます。

カバーを開けました。内部も非常に綺麗です。とても30年以上経過しているとは思えません。

やはりベルトがありません。

スライドVOLのことが気になりましたので、フロントパネルを取り外しました。すると、VOL自体に問題は見られません。

おそらく前に分解された方が、組み立て時にこのVOLのレバーを、

このフロントパネルのツマミに合わせなかったのでしょうね。

メカを降ろします。バックパネルを取り外します。

まずは最も問題のある場所から手を入れていきます。フライホイールのバックプレートを取り外します。

ベルトが溶けて張り付いていますので、アルコールで清掃します。

ついでにテープ検出スイッチを分解し接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けます。

次は、メカの動作状態を検知するこのリーフスイッチを分解し、接点を清掃します。

このスイッチはテープをセットしたことを検知するためのものです。同じく接点を清掃します。

メカフロント部をメンテナンスするためにカセットホルダーを切り離します。

バックテンション用のベルトが伸びてたるみが見られます。

新しいベルトに交換します。折長40mmです。

アイドラーゴムも交換します。14mm*10mm*2mmです。

ピンチローラーも新品交換します。左側は11mm*8mm*2mm、右側は13mm*8mm*2mmです。

ヘッド周りも綺麗ですね。これでメカの整備は完了です。

本体に組み付けて動作テストです。軽快かつ良好です。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。2%以上の狂いを調整します。

再生ヘッドアジマスを調整します。グラフが安定しているのはテープ走行状態が良好ということです。

バイアス調整を行い、入出力レベルを調整します。

最後にCDの録音再生モニターによる聴感テストを行い、修理完了です。

-KX-1000
-,

執筆者:

関連記事

YAMAHA KX-1000

今日はYAMAHAの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、KX-1000の修理を行います。 約1年ぶりのKX-1000です。状態は「不動」です。 カバーを開けました。キャプスタンベルトが溶けてい …

YAMAHA KX-1000

今年2台目のKX-1000です。 「再生は不可。早送りや巻き戻しは動作するが弱々しい。」という状態です。今回はメカの不具合個所のみの修理ということで依頼を受けました。 キャプスタンは回転しているようで …

YAMAHA KX-1000

当ブログ初登場のYAMAHA製3ヘッドカセットデッキKX-1000の修理を行いました。 dbxやマニュアルバイアス調整機能を搭載した高性能機です。 キャプスタンは回転しているようですが、アイドラーがス …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM