Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESA

SONY TC-K555ESA

投稿日:

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESAの修理依頼をいただきました。

かなり久しぶりに電源を入れたところ、動作不良が見られたということです。

トレイ開閉はOKですが、再生はヘッドが上がらずNGです。

カバーを開けます。

メカを取り出して分解を進めます。

調整式になっている左側のピンチローラーアームの位置を測定します。かなり前方にせり出していることがわかりました。

劣化しているピンチローラーを交換します。

元々付いていたものは、コア抜けしていました。

キャプスタンモーターユニットをデッキメカ本体から切り離します。

モーターユニットを分解します。

指差ししているのは、先ほど前方にせり出していたピンチローラーアームの取り付けシャフトです。製造時の位置から1.5mmほど抜け出していますので、製造時の加工精度に問題があったようです。

引っ張ると簡単に抜けてしまいました。抜け出し防止の処置を行い、正規な位置に圧入します。

液漏れしている電解コンデンサーを交換します。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカフロント部を分解します。

ベルトが加水分解により伸びていますので、右側の新品と交換します。

ベルトの掛かるプーリーを脱脂し、ベルトを仮掛けします。組み立て時にモータープーリーに掛け直します。

ロータリーエンコーダーを分解します。

汚れた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

オートセレクタ用のスイッチ接点を磨きます。

メカを元通り組み付けて動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。調整はできませんが、使用上問題とならない程度の狂いです。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーション後に録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

 

-TC-K555ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555SA アイドラーギア破損ほか

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESAの修理依頼をいただきました。 アイドラーギアが欠けているということです。今回はリフレッシュメニューも併せてご依頼いただきました …

SONY TC-K555ESA

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESAの修理依頼をいただきました。 現状、再生不可ということです。 リッドは開閉しますので、軽傷ですが、ヘッドが上がらないため再生で …

SONY TC-K555ESA

今年の春に当店でDATデッキの修理と購入をいただいたお客様から、今度はカセットデッキの修理依頼をいただきました。 SONYのTC-K555ESAです。破損防止のため、サイドウッドは外した状態でお送りい …

SONY TC-K555ESA

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESAの修理依頼をいただきました。 2年ほど前は正常に使用できたということです。 現在は、トレイが開きません。また、以前はテープを痛 …

SONY TC-K555ESA

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESAの修理依頼をいただきました。 2・3年ほど前に入手されたということですが、テープによってはスリップしたり走行停止したりするとい …

検索

2023年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM