Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

リールモーター故障の回避法

投稿日:

最近カセットデッキの故障の原因で多くなりつつあるのが「リールモーターの故障」です。そして、その故障の原因は、内部ブラシ・整流子の酸化による接触不良がほとんどです。

新品のモーターが入手できるのであれば交換して修理完了となるのですが、そういったケースは稀で、大半は中古モーターを探すかモーターのオーバーホールを行うことになります。

この故障が起きる原因は、リールモーターの使用特性と大きく関係しています。

リールモーターは、無負荷のときは、毎分1000回転以上の速度で回転しますが、再生時には、右側リールの回転速度に合わせた速度で回転することになります。おそらく無負荷の時の数分の一の回転数になっていると思われます。

一方、モーター内部のブラシと整流子は、経年により酸化が進み、接触状態が次第に不良となっていきます。そういった状態で、回転が低速な再生状態が続くと、回転中に一瞬ではありますが、完全な絶縁状態となり停止してしまいます。ただし、早送りや巻き戻しではモーターが高速で回転していますので、一瞬絶縁状態となっても慣性でモーターが回転し続け、接触が回復しますので停止することはまずありません。

また、この故障は、モーターがより低速となるテープの後半部分で起きやすいという特徴があります。

しかし、この故障を少しでも回避する方法があります。

それは、早送りや巻き戻しを意識して日常的に多用するということです。そのことにより、モーターが長時間高回転し、ブラシと整流子の摩擦によって酸化被膜が除去されます。

一番理想なのは、使用前に一度テープの往復分を早送り・巻き戻ししたのちに最初から最後まで再生をするというものです。なぜなら、再生状態でテープを巻き取ることが「乱巻き」や「固巻き」を防止することができテープの保存という面からも望ましい状態となるからです。

もう30年以上経過した機器を扱うということは、少し面倒なことが多くなりますが、それもアナログオーディオの楽しみだと私は思っています。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

GX-Z機のバイアス調整?

以前こんなことがありました。GX-Z7100を納品したお客様から「バイアス調整が故障している」との連絡がありました。 よくよく話を聞くと、「バイアスキャリブレーションの際に、バイアスのツマミを右回りに …

SONY製ESデッキのヘッド不良

近年、SONYのTC-K(ES)シリーズのヘッド不良が数多く見受けられるようになりました。 具体的な状況ですが、メカの整備を終えて、バイアスキャリブレーションを行うと、写真のように、バイアスの掛かりが …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(その2)

昨日記事にした、SONYのESシリーズカセットデッキのピンチローラークリーニング法以外にも、簡単かつ特殊な方法がありますのでご紹介します。 不要になったカセットのテープ部分を切断しすべて引き出してしま …

キャプスタンのワッシャー(GX機他)

今日はGX-93やGX-Z9100などデュアルキャプスタンモデルの整備の話です。 分解するとキャプスタンの背部には回転を安定させるための巨大なフライホイールが取り付けられています。右側の磁石が取り付け …

SONY製ESモデルの留意点

先日修理したTC-KA7ESですが、 整備後の動作確認時のことです。再生時はアイドラーが空回りし、リールが上手く回転しません。また、早送り巻き戻しの回転が遅い感じがします。 (これは記事用に撮影したほ …

検索

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM