Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ ワンポイントメモ

操作ボタンの誤作動

投稿日:

先日、SONYのカセットデッキの修理を終え、点検を行ったときのことです。

再生ボタンを押すと一時停止状態になり、

巻き戻しボタンを押すと早送りになってしまいます。

これは、スイッチの接触不良が原因です。なぜこんな誤作動が起きるかというと、SONYの機器では、各スイッチごとに回路に流れる電流が異なるようになっていて、それをマイコンが判断して動作を選択するという仕組みになっています。しかし、接触不良が起きると、抵抗が大きくなるため流れる電流が変化し、再生ボタンを押しても一時停止ボタンを押したとマイコンが誤認識するからです。

また、この症状は、長期間不使用の状態が続くと起こりやすく、日常的に使用されている場合はあまり発生しません。

では、症状が発生したときはどうすれば良いかというと、もちろん根本的な対処法はスイッチを交換することです。ただし、スイッチの数にもよりますが、普通は数千円から10000円程度要します。

そこで、交換せずに状態を改善する方法がありますのでご参考としてください。方法は簡単です。誤作動が起きるスイッチを強めに10回程度押すだけです。これでほぼ100%誤作動は起こらなくなります。

ただし、あまり使用しない状態が続くと再発しますので、ご注意ください。

-ワンポイントメモ, ワンポイントメモ
-, ,

執筆者:

関連記事

ヘッド換装

SONYのDATデッキ(ポータブルを除く)のヘッドは、2ヘッドと4ヘッドの大きく2種類に分かれていて、さらに2ヘッドについては5種類、4ヘッドは2種類に区分することができます。このことは以前の記事に記 …

テープが引っかかる原因

先ほどの記事に続きまして、では、なぜテープが引っかかるのでしょうか? もちろん、テープとデッキが完璧である場合は、そういうことはあり得ません。 原因の多くは、「テープのたるみ」です。 DATは、カセッ …

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。 この写真 …

SONY製DATデッキのピンチローラー留め具について

SONYのDATデッキをご使用になっているお客様から、「使用中に突然早送りになった」とご連絡をいただくことがありますが、その原因の大半がピンチローラーの脱落です。 SONYのDATデッキのピンチローラ …

バイアスキャリブレーション

カセットテープに録音を行う際に重要なのは、そのテープに合った適正なバイアスを設定できるかということです。これが上手く調整できていないと、高域が減衰したり音が歪んだりします。 適正なバイアス量というのは …

検索

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM